Premium Value Bank - Real Estate Investment Advisors” 一棟不動産経営のプレミアムバリューバンク

NEWS RELEASE

金融商品取引法に基づく「第二種金融商品取引業」 登録完了のお知らせ 2018/07/25

この度当社は、金融商品取引法に基づく「第二種金融商品取引業」の登録を完了致しましたので、ここにご案内申し上げます。

「第二種金融商品取引業」登録の背景

昨今、様々なサービスおよび商品の証券化が顕著となっておりますが、不動産業界においても土地・建物の証券化が進んでおり、資産の流動化が加速し続けております。
当社は不動産投資企業として、これまでに多数の収益物件を開発し売買して参りましたが、今後はファンドを組成し、これらの一部不動産を証券化。資産の流動性を高め、国内外の投資家や機関投資家などからエクイティ出資を募り、対象不動産のキャッシュフローの最大化および資産価値の向上を図り、安定した利回りを提供致します。

登録情報

登録番号 :関東財務局長(金商) 第3061号
業務の種別:第二種金融商品取引業

今後の企画・開発方針

プレミアムバリューバンクが開発する物件は3タイプにセグメントし、各エリアの特徴を活かし、バリューアップする企画開発を目指します。
また、そこに住む人、利用する人、所有する人の三者が、共にWinWinになるような建物つくりをお約束致します。

<都市型商業店舗>(リテール物件)

都心の人気商業エリアにおいて、物販、サービス業、飲食店舗などに特化した都市型商業店舗の開発を行います。
地域ごとの特性をつかみとり、その街にふさわしい魅力ある建物とそこを訪れる人びとに新たなライフスタイルを提案します。
既存物件:『PVB EBIS』 『PVB AOYAMA』

<中規模スマートオフィスビル>(オフィス物件)

高品質なインテリジェントビルと同等の機能を併せ持つオフィスビルとします。
基準階には貸し会議室やシェアオフィスを完備する事で、各テナントの会議室やセミナー会場としても活用し、効率性とデザインにおける独創性を確保します。
また、コワーキングスペースを設ける事で企業支援を推奨し、オフィス環境を共有できるコミュニティスペースを提供する事で、各企業の相乗効果を実現します。

<都市型新築賃貸マンション>(レジデンス物件)

都心の好立地で新築賃貸マンションを開発。
洗練されたオリジナルなデザイン、設備などを通して住まう人のライフスタイルを充実させる建物作りを心掛けます。
また不動産IoTを活用し、住む人のライフスタイルに様々な変革をもたらします。
既存物件:『SmartSpace東浅草』 『SmartSpace都立家政』 など

JP EN CH