COLUMN

0
屋外広告業を始めるために必要なこと☆

皆さん、こんにちは☆

前回のコラムでは、屋外広告を建てるためのルールについてお話しました。

その地域で決められている「屋外広告物条例」に基づいて建てなくてはいけないということでしたね。

私たちが何の気なく見ている看板は、景観の美を保つために、いろんな制約がありました。

それらの建築物、造作物の申請や、広告業をお仕事にする「屋外広告業」を始める方は、

必ず市町村に登録をしなくてはいけません。

その中で最も大事な条件が、「建築士の資格を持っていること」か、

「屋外広告士の資格を持っていること」です。

建築士というとかなりハードルが高くなってしまいますね。

一方、屋外広告士は、国家資格ですが、比較的簡単になれるそうですので、

これから始めたいという方にはオススメです。

ですが、秋田市の場合は、「屋外広告士」になるための講習を受けるだけでも登録ができるのです。

試験を受けなくても「屋外広告業」を始めることができました。

その講習は、年に1回秋田市で開催されます。

2日間12時間のお勉強をするだけで屋外広告業を登録することができました。

講習にかかった費用は、

【講習手数料¥4,000+テキスト代¥2,600】と、

とても安かったです。

これに登録料の¥10,000を足しても、

万円もかからないで「屋外広告業」を始めることができてしまいます。

このように不動産業を始めるよりも簡単にスタートすることができるのも魅力的です。

 

それでは、実際に秋田市で開催されている講習内容をご紹介しますね。

【広告物に関する法令に関する事項(5時間)】

☆屋外広告物法・秋田県屋外広告物条例(秋屋外田県都市計画課)

☆屋外広告物法・秋田市屋外広告物条例(秋田市都市計画課)

☆道路法(秋田県道路課)

☆建築基準法(秋田県建築住宅課)

 

【屋外広告物の表示の方法に関する事項(4時間)】

☆屋外広告物の表示の方法について(外部講師)

☆街並み景観に対する屋外広告物の影響について(外部講師)

 

【屋外広告物の施工に関する事項(3時間)】

☆屋外広告物の施工上の問題点について(外部講師)

☆屋外広告物の構造と施工について(外部講師)

 

外部講師には、美術大学の先生がいらっしゃり、

ちょっとした大学の講義を受けている感じです。

この講習会や登録の仕方は各自治体によって違いますので、

皆さんがお住まいの市役所HPなどで調べてみてくださいね。

もしかしたら今年の講習と登録に間に合うかもしれません。

 

次回は、実際に私が建てた看板のレイアウトや建築工程についてお話します。

それでは、また(*’▽’)♪

 

ライター紹介About the Writer

菅原久美子

はじめまして!ソプラノ大家さんこと、菅原久美子です。
この度、大好きなプレミアムバリューバンクさんのコラムを執筆することになりました。
ソプラノ大家というと、何だろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、現役でプロのソプラノ歌手として活動しています。実は、プロの歌い手になるという夢を、アパートの大家さんをすることによって実現したアーティストです。
私は現在、秋田県秋田市を中心に6棟34室を所有していますが、自分でリフォームをしたりお掃除をしたり、音楽活動をしながら楽しく大家さんライフを送っています(*^_^*)
このコラムでは、私の不動産ストーリーや日々の大家さんライフ、不動産投資について綴っていきたいと思います。
このコラムをお読み下さる皆様にとりましても、有益で夢のある時間となりますよう、私自身も楽しみながら書いていきますね!
どうぞよろしくお願いします♪

JP EN CH